技術調査の依頼をしたいのですが、どのくらいの期間で回答いただけますか?
依頼内容によりますが、当日中に回答できるものもあれば、長くて3週間程度かかるものもございます。
どの様な形式で報告いただけるのですか?
レポートによる文書形式でご提示いたします。
提示する場合は、直接レポートをお持ちいたし、ご説明させていただきます。また、質問をその場で受けて回答するように心がけています。
依頼費用はどの程度かかりますか?
お客様の所へ直接お伺いしての対応であれば、2万円/時でお願いいたしております。
また、初回の打ち合わせ( インタビュー )に関しては、無料です。
交通費は東京およびその隣接する県でしたら頂きませんが、それ以外の遠方の場合のみ別途頂く場合がございます。
そのほか調査依頼に関しては、調査に費やす時間なども勘案してご提示させていただくことになりますが、
ご予算以内で済むように十分配慮させていただきます。
マップ作成や知財戦略を作成するための教育をしてくれるのですか?
その際、何か準備する必要などはありますか?
もちろん、喜んでお手伝いいたします。
準備というより教育等を推進する上で、お客様サイドで窓口となるキーパーソンを選定していただくことになります。
キーパーソン設定の理由や、その条件はご依頼時に詳しくご説明いたします。
その際、教育の対象が何人であっても費用は同じになりますか?
原則、1名であろうと10名であろうと費用は同じにしています。
ただし、私の教育は座学ではなくケーススタディーに基づくことをモットーとしていますので、一度に教えることが出来る人数は最大で20名以内となります。それ以上の人数の場合は、2回に分けて行うなど、お願いしています。
業務依頼はメールや電話のみで進める形になるでしょうか?
一般に、お客様と顔を全く合わせずに業務を遂行するということは無く、一度お会いしてお話をお聞かせいただき、業務背景を理解して仕事を進めるスタンスを取っております。そのほうが、確実かつ顧客満足度の高い結果を提案できると考えています。
ただし、お客様のお時間の都合上、打ち合わせ時間が取りにくい場合は、メールや電話でのやり取りで進めることとなります。
土日や時間外でも対応可とありましたが?
既に依頼を受けているお客様や依頼がなくてもご相談したことがあるお客様に関しては、携帯番号をお知らせしていますので、何時でもご連絡ください。ただし、土日や夜間は対応が若干遅れる場合がございますので、その点のみご留意ください。
実際、お客様の仕事の都合上、土日や夜間に海外からお電話を頂いたことがございます。